ドバイ国際競走(中止)のためUAEに渡航し、24日に帰国したクリストフ・ルメール騎手(40)が25日、自身のツイッターで新型コロナウイルス検査の結果を発表した。

フランス語で「ドバイから戻りました。新型コロナウイルス検査は陰性。安心」と投稿した。

JRAは24日に、感染拡大防止の観点から、UAEへ渡航したルメール、古川両騎手は25日から4月7日までの2週間、競走および調教に騎乗できないと発表している。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想