横山典弘騎手(51)にバースデーVの期待がかかる。今年キャリア35年目の同騎手は、フェブラリーS当日の23日が52歳の誕生日。

調教終わりに取材陣に囲まれた鞍上は「何もないよ。普段通りやるだけ」と淡々とコメントした。ワンダーリーデル(牡7、安田翔)とは、テン乗りで重賞初制覇に導いた昨秋の武蔵野Sから4戦連続のコンビ。勝てば、昨年インティで勝った武豊騎手の49歳11カ月3日の記録を塗り替え、フェブラリーS最年長優勝騎手の記録を更新することになる。G1勝利で自身の誕生日に花を添えることができるか。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想