<小倉大賞典:追い切り>

「無冠の大器」ヴェロックス(牡4、中内田)が念願の重賞初制覇へ西下する。日曜の小倉大賞典(G3、芝1800メートル)に向けて追い切られ、Cウッド6ハロン83秒0-11秒6。楽な手応えで3頭併せ最先着。手綱をとった猿橋助手は「予定通り。動きも良かった。有馬記念の疲れもそんなにあったとは感じてない。変わらずいい状態」と好気配を伝えた。

昨年はクラシックに皆勤して2、3、3着。今年初戦は京都記念、中山記念との3択から小倉を選んだ。「ゲートが上手でいいところにつけられるから(小回りも)問題ない」。新馬戦で8馬身差Vをおさめた“出発点”でG1制覇へ弾みをつける。【太田尚樹】

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い