<京都牝馬S:追い切り>

京都金杯に続いて重賞2連勝を狙うサウンドキアラ(牝5、安達)が京都牝馬S(G3、芝1400メートル、22日)に向けて、坂路で最終追い切りを行った。

松山騎手を背に単走で4ハロン52秒4-12秒0。いつも通り馬が少ない時間帯に登坂。前走に引き続き最終追い切りに騎乗した松山騎手は「いいですね。真っすぐに走れていたし、動きも良かったです。気を抜かさず気合をつけましたが、いっぱいではない中で集中して走れていました」と好感触だった。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想