<フェブラリーS:1週前追い切り>

根岸Sを制したモズアスコット(牡6、矢作)が14日、フェブラリーS(G1、ダート1600メートル、23日=東京)へ向けて1週前追い切りを行った。

ほど良い気合乗りで坂路に姿を見せると坂井騎手(レースはルメール騎手)を背に力強い脚さばきを披露。単走で徐々に加速して4ハロン52秒1-12秒6をマークした。見守った矢作師は「指示通り。前走の疲れも回復して状態は上がってきている」と満足げにうなずいた。「芝スタートもマイルの距離もプラスだと思います」。18年安田記念に続く芝&ダートG1制覇へ、上積みが見込めそうだ。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想