19年最優秀4歳以上牡馬ウインブライト(牡6、畠山)が、20年始動戦となる3月1日の中山記念(G2、芝1800メートル)をフィリップ・ミナリク騎手(44)で挑む。

9日、同馬を所有するウインレーシングクラブがHPで発表した。主戦の松岡騎手が8日の東京6Rで落馬負傷。しばらく戦列を離れる見込みのため、新コンビを結成する。また中山記念後はドバイターフ(G1、芝1800メートル、3月28日=メイダン)に向かう予定で、モレイラ騎手が手綱を取る。その後は日本に戻らずに、連覇がかかる香港のクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル、4月26日=シャティン)への転戦を視野に入れている。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想