騎手時代にオペックホース、ウィナーズサークルでダービーを2勝し、「剛腕」の異名で知られた郷原洋行(ごうはら・ひろゆき)さんが病気のため、1月31日に亡くなっていたことがわかった。76歳だった。葬儀は近親者で執り行われた。

44年(昭和19)1月21日生まれ、鹿児島県出身。62年に騎手免許を取得し、大久保房松厩舎の主戦として活躍した。ダービー2勝(80、89年)のほか、皐月賞(67年リユウズキ)、菊花賞(77年プレストウコウ)、天皇賞・春(75年イチフジイサミ、79年カシュウチカラ)、天皇賞・秋(79年スリージャイアンツ、87年ニッポーテイオー)など重賞を83勝。G1級の勝利はすべて牡馬で挙げたものであり、そのイメージから「剛腕」の異名を取った。通算勝利は1515勝。騎手会長を務め、次男の洋司氏(現在は助手)との親子重賞騎乗も果たしている。

93年2月に騎手を引退し、調教師へ転身。94年に美浦で厩舎を開業後は00、01年に中山グランドJを連覇するゴーカイなどを育てた。11年2月の勇退後も毎週トレセンに顔を見せ、柔和な笑顔で後進にアドバイスを送っていた。16年2月には本紙連載「明日への伝言 先人から競馬界の後輩へ」に登場し、若手騎手の育成論を熱く語ったこともあった。

葬儀で喪主を務めた長男の正洋氏(48)は「父が偉大な騎手と言われるようになれたのも多くの人々の支えがあったからです。皆様に感謝していますし、父も同じ気持ちだと思います。物心ついたときから騎手である父を見て育ち、その父の厩舎で調教助手として一緒に馬を育てられたことは何よりの思い出です」と話した。昭和、平成の競馬を熱狂させ、見届けた剛腕が静かに天国へと旅立った。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想