連覇を狙った根岸Sで2着だったコパノキッキング(セン5、村山)がフェブラリーS(G1、ダート1600メートル、23日=東京)に出走しないことが3日、分かった。

馬主で「Dr.コパ」こと小林祥晃オーナーが自身のブログなどで「やはり、キッキングは1200メートルがベスト。レース後にマーフィー騎手と村山明調教師が話して『1200で世界に行こう』となりました。ただし、挑戦は来年の話。今年は、キッキングと菜七子さんコンビがJBCスプリントでG1を取るのが夢です」と明かしたもの。昨年はJRA・G1初騎乗となった藤田菜七子騎手とのコンビでフェブラリーSに出走して5着。2日の根岸Sのレース後、村山師は「フェブラリーSに行くと思うが、騎手は調整中」と話していた。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想