JRAは1日、ジャパンCの褒賞金交付基準の一部変更を発表した。海外の一流馬の参戦をより一層促すのが目的。

<1>外国調教馬の褒賞金額の見直し。凱旋門賞などの指定外国競走の当年優勝馬が交付対象。JC優勝の場合、これまで200万ドル(約2億2000万円)だった褒賞金を300万ドル(約3億3000万円)に増額。同2着40万ドル→120万ドル、同3着25万ドル→75万ドル、同4着以下10万ドル→20万ドル。

<2>褒賞金交付対象外の外国調教馬には着順にかかわらず10万ドルを交付。

<3>指定外国競走の追加 タンクレッドS(豪)、マンハッタンS(米)

<4>指定外国競走の削除 ドバイワールドC(UAE)、BCクラシック(米)

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想