<根岸S:追い切り>

初めてダート戦に挑む芝のマイル王モズアスコット(牡6、矢作)が29日、栗東坂路で追い切られた。ルメール騎手を背に軽快なピッチで坂路を駆け上がった。

ホウオウドリーム(古馬3勝クラス)と併走し、馬なりで併入。この馬らしい迫力はなかったが4ハロン52秒2-12秒3の好時計をマークした。鞍上は「まだ体は太いが、フットワークや動きは良かった。反応に時間がかったが好時計は出ている」と及第点を与えた。矢作師は「正直、やってみないと分からない」というが「ピッチが速くパワータイプなので、悪いとは思わない」と期待も十分。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想