昨年の東京大賞典で3着に入り、3月28日メイダンのゴドルフィンマイル(G2、ダート1600メートル)に登録している大井のモジアナフレイバー(牡5、大井・福永)は、出走がかなえば2月23日東京のフェブラリーS(G1、ダート1600メートル)から同レースを目指す。福永師は「すべて順調に行けばですが、オーナーの希望もあって決めました」と話した。

ゴドルフィンマイルは招待が条件だが、参戦が決まれば、05年ドバイWCに出走した船橋のアジュディミツオー(6着)以来、地方馬としては15年ぶり2頭目のドバイ遠征となる。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想