<AJCC:追い切り>

昨年の京成杯以来、重賞2勝目を狙うラストドラフト(牡4、戸田)は美浦ウッドで鋭く伸びた。単走で5ハロンは66秒2だったが、ラストは馬なりのまま11秒8。

斎藤助手は「動きは素軽く、状態はいい」と好感触だ。頭差2着に惜敗した前走中日新聞杯は中団から伸び、新味を出した。「自在性も出て来ています。折り合いも以前よりついてきた。重賞を勝ったことのある競馬場」と力が入った。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想