<日経新春杯>◇19日=京都◇G2◇芝2400メートル◇4歳上◇出走14頭

単勝2番人気のモズベッロ(牡4、森田)が重賞初制覇を飾った。道中は好位勢の直後、内ラチ沿いで脚をため、直線では池添騎手のGOサインに応えて力強く抜け出した。52キロの軽ハンデもあったとはいえ、2着馬に2馬身半差。完勝で初タイトルを奪取した。

初騎乗だった池添騎手は「長くいい脚を使うイメージ。流れに乗って進めた」と振り返り「3角からの下りでうまく外に出せたし、直線はいい脚を使ってくれた。それでも少し内にもたれながらなので、体は成長途上。その分、これからもっともっと強くなる」と今後にも期待した。

2着は5番人気のレッドレオン。3着に11番人気エーティーラッセンが逃げ粘り、大波乱となった。1番人気レッドジェニアルは後方から伸びきれず、7着に敗れた。

馬連(4)(6)は2070円、馬単(6)(4)は3680円、3連複(4)(6)(8)は2万9380円、3連単(6)(4)(8)は11万680円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

◆条件馬の日経新春杯勝利◆ 84年のグレード制導入以降では、95年ゴーゴーゼット(出走時1500万下)、02年トップコマンダー、07年トウカイワイルド、13年カポーティスター(以上、出走時1600万下)に続く7年ぶり5回目

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ