<愛知杯:追い切り>

ハンデ49キロのカレンシリエージョ(牝5、鈴木孝)は前走に続いて藤田菜七子騎手で臨むことが決まった。追い切りはCウッド6ハロン82秒0-11秒9。

鈴木孝師は「前回は休み明けで太かったし距離も長かった。(小倉は2戦2勝で)平たん小回りは合う。引っ掛かるけど前で折り合うのがベスト。菜七子も前走でうまく乗っていた」と期待を寄せた。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想