中山では明け3歳馬による重賞、京成杯(G3、芝2000メートル、14日)が行われる。

京都2歳S3着のロールオブサンダー(牡、橋口)はCウッドで体をほぐし15日の追い切りに備えた。

橋口師は「動きはいいしまた体が成長している。気性面でもオンとオフがはっきりしてきた」。2戦目の紫菊賞は逃げて勝っており、中山芝2000メートルが合いそうなイメージ。「スタミナを生かし」重賞初Vを目指す。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想