<中山1R>◇15日=中山◇2歳◇ダート1200メートル◇未勝利◇出走16頭

ルーキーの小林凌大(りょうた)騎手(18=小西)が中山1RスピーニディローザでJRA初勝利を挙げた。地方の「2019ヤングジョッキーズシリーズ」トライアルラウンドですでに2勝を挙げているが、JRAでは通算187戦目の初白星となった。

このレースでは4番人気馬に騎乗。スタートを決め、好位5、6番手に控えると、直線は先に抜け出していたスパークジョイをゴール寸前で捉えた。今年デビューの同期8人では最も遅い初勝利だが、今後の飛躍を期待させる鮮やかな差し切りだった。

小林騎手 今日決められるかなと思ってはいましたが、まさか本当に勝てるとは思わなかったのでうれしいです。同期が活躍している中で未勝利だったので、悔しい気持ちでいっぱいでしたが、焦らず頑張ってここまでやってきました。レースでは外に出したときにどんどん伸びてくれたので、もしかしたら勝てるかなと思いましたが、馬がよく頑張ってくれました。昨日も勝ちきれないレースがありましたが、今日勝つことができて良かったです。(次の目標は)G1を狙います。これからも応援よろしくお願いします。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ