<朝日杯FS:追い切り>

サリオス(牡、堀)は、美浦ウッドで最終追い切りを終えた。3頭併せの真ん中を追走し、最後は楽に併入。

森助手は「初戦は直線で手前を替えないところがあったので、メンタルやフィジカルを確認するために3頭併せの真ん中でプレッシャーをかけました。特に気にするところはなく、いい追い切りでした。涼しくなってきて体調が上がっています。体重に大きな変わりはありませんが、デビュー時と比べて体のラインが競走馬らしくなって来ました。G1の舞台でも勝ち負けする力のある馬。レースまでしっかりと臨みたい」と話す。

無敗でのG1制覇へ向け、着々と準備が進められているようだ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ