<カペラS>◇8日=中山◇G3◇ダート1200メートル◇3歳上◇出走16頭

2番人気コパノキッキング(セン4、村山)に騎乗した藤田菜七子騎手(22=根本)が待望のJRA重賞初勝利を挙げた。

好位からレースを進め、最後の直線では外に持ち出すと一気に突き抜けた。勝ちタイム1分9秒3。

藤田菜七子の一問一答は以下の通り。

-女性騎手が初めてJRA平地重賞を勝ちました

菜七子 まず、コパノキッキングと関係者の皆さまに感謝したい。本当に素晴らしい馬に乗せていただいた。

-レースを振り返って

菜七子 コパノキッキングが一番強いと思っていた。追い出してからしっかり1歩ずつ伸びてくれた。本当に勝ってよかった。

-作戦は

菜七子 ゲートを出ればいいところに。行けなかった場合も考えていた。それでもいい形になった。結果的に(ゴールで)後ろを離して、本当に強い競馬でした。悔しい思いもした。本当にうれしい。

-コパノキッキングの強みは

菜七子 自在に競馬ができる。58キロの斤量を背負って、すごくいい勝ち方をしてくれた。

-ファンへひと言

菜七子 これからもコパノキッキングを応援してもらえれば。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想