<阪神JF>◇8日=阪神◇G1◇芝1600メートル◇2歳牝◇出走16頭

マルターズディオサ(手塚)が2着に入った。道中は少し行きたがりながら3番手を確保。逃げた勝ち馬を積極的につかまえにいったが、レコード駆けの相手に5馬身差をつけられた。金曜輸送で阪神入りし、直近2戦のような出遅れのない好位進出は大きな収穫だった。

田辺騎手は「課題のスタートもうまくクリアした。もう少しリラックスできたら。馬の状態も良かった」と満足感をのぞかせた。来年はチューリップ賞(G2、芝1600メートル、3月7日=阪神)で始動予定。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ