<中山5R>◇8日=中山◇2歳新馬◇芝1600メートル◇出走16頭

インターミッション(牝、手塚、父ディープインパクト)が1番人気に応えた。道中2番手から逃げたランナウェイを残り100メートル付近でとらえ1馬身4分の1差競り勝った。勝ち時計は1分37秒1。

石川騎手は「攻め馬で追うごとにディープ産駒らしい動きになり、自信を持って乗りました。最後いい脚を使ってくれて強かったです」と振り返った。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ