有馬記念(G1、芝2500メートル、22日=中山)がラストランとなるシュヴァルグラン(牡7、友道)の鞍上が、福永祐一騎手(42)に決まった。6日、香港滞在中の友道師が明かした。

同騎手がシュヴァルグランの手綱を取るのは、18年10月京都大賞典以来となる。友道師は「前走を使った後も順調です。福永騎手には、この馬のことを良く知ってもらっている」と、久々のコンビに期待していた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ