<有馬記念:2週前追い切り>

有馬記念(G1、芝2500メートル、22日=中山)のファン投票最終結果が5日、JRAから発表された。国内外G1・6勝馬のアーモンドアイ(牝4、国枝)が10万9885票を獲得し、1位に輝いた。また、東西トレセンで2週前追い切りが行われ、天皇賞・秋6着から巻き返しを期すサートゥルナーリア(牡3、角居)が鋭い動きを見せた。

    ◇    ◇

サートゥルナーリアは帰厩後初めて栗東Cウッドで追い切られた。長めから単走で気分良く駆け、しまい重点で鋭い伸びを見せた。時計は6ハロン81秒7。まったくの馬なりながら、ラスト1ハロンは11秒6でまとめ上げた。騎乗した中谷騎手(レースはスミヨン騎手)は「さすがの動きでした。(調教、レースで騎乗経験のある)リスグラシューとはまた違い、男馬らしくパワフルな走り」と、同レースのライバルに引けを取らない高い能力を絶賛した。

今回は2番人気6着に敗れた天皇賞・秋からのリベンジも懸かる一戦。ファン投票は3歳馬ではトップとなる4位に入り、ファンの期待の高さがうかがえる。角居師も「動きは良かったと思う。テンションも変わりなく落ち着いている。能力の高い馬なので挽回してくれれば」と巻き返しに力が入る。現状の落ち着いた雰囲気を本番まで持続し、改めて世代トップの実力を証明したい。【井上力心】

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ