香港マイル(G1、芝1600メートル、8日=シャティン)にアドマイヤマーズ(牡3)を出走させる友道康夫師(56)が5日、共同会見に出席した。

-ヴィブロス、マカヒキなど友道厩舎は海外遠征に強い

友道師 これまでの馬たちと同様にアドマイヤマーズも順調にきています。結果を出せる状態だと思います。先週の木曜に香港へ到着して、こちらで馬を約1週間ぶりに見たが、落ち着いているし、毛づやもいい。落ち着きすぎないように、追い切りはしまいを強めにやりました。

-この馬はまだ成長しているのか

友道師 3歳で馬体も成長しています。まだまだこれから強くなりますし、来年もまたここ(香港)へ来たいと思っています。

-少ない戦績だが、安定して走っている。前走(富士S9着)をどう評価していますか

友道師 着順こそ悪かったですが、休み明けですし、3歳馬だけど、重量も背負っていた。具合はよかったと思いますし、1回使って、よりよくなったと思います。

-今回はスミヨン騎手を起用する。作戦は

友道師 スミヨンは世界で一番有名なジョッキーの1人。香港でも実績があります。作戦は枠にもよりますが、僕以上にスミヨンがシャティンを知っているので、彼に任せようと思います。

-他の日本馬の存在をどう感じているか

友道師 インディチャンプと一緒に飛行機へ乗って、今も同じ厩舎に入っています。もちろん、(日本の馬は)みんなにいいレースをしてほしいけど、日本の中でも1番を取りたいです。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ