有馬記念(G1、芝2500メートル、22日=中山)に出走予定のキセキ(牡5、角居)は、新たにライアン・ムーア騎手(36=英国)を鞍上に迎えることが決まった。5日に角居勝彦調教師(55)が明らかにした。

「(来週の)1週前追い切りに乗ってもらおうと思っています。世界のトップジョッキーなので楽しみ。馬は順調にきています」と説明した。

キセキは凱旋門賞で日本馬最先着の7着に敗れ、今回が帰国初戦となる。昨年の有馬記念では5着だった。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ