IFHA(国際競馬統括機関連盟)のロンジンワールドベストレースホースランキングが15日、発表された。

今年1月1日から11月10日までに施行された主要レースが対象。首位は前回と変わらずクリスタルオーシャン(牡5、M・スタウト)、エネイブル(牝5、J・ゴスデン)、ヴァルトガイスト(牡5、A・ファーブル)の3頭で128ポンド。日本馬は強い勝ち方で天皇賞・秋を制したアーモンドアイ(牝4、国枝)が124ポンドで11位タイ、コックスプレートを快勝したリスグラシュー(牝5、矢作)が121ポンドで22位タイ、ブラストワンピース(牡4、大竹)、ウインブライト(牡5、畠山)が120ポンドで28位タイとなっている。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ