今年のジャパンC(G1、芝2400メートル、24日=東京)は81年の創設から39年目で初めて外国馬不在で行われることになった。9日、JRAが外国招待馬を正式に発表し、「外国馬0」が確定した。

ジャパンCは「世界に通用する馬づくり」を目指し、81年に創設。第1回はアメリカから参戦したメアジードーツが圧勝し、日本馬と世界との実力差を見せつけられた。日本馬は第4回(84年)のカツラギエースで初勝利。翌年にも皇帝シンボリルドルフが勝利したが、世界との差はなかなか縮まらず、86~91年には外国馬が6連勝。欧州、北米、オセアニアからやってきた凱旋門賞などビッグレースを勝った名馬たちがやってきて、いくつものドラマを生んできた。

一方で、近年は日本馬のレベルアップ、時計の速い馬場や検疫体制、香港国際競走の充実を理由に外国の競馬関係者がジャパンCを敬遠。海外からの参戦馬は減少し、ディープインパクトが勝った06年からアーモンドアイが勝った昨年まで日本馬が13連勝中と、国際競走としての魅力は薄れてきている。

今年のジャパンC登録馬は10日に発表。日本馬はレイデオロ、ワグネリアン、マカヒキなどのダービー馬、スワーヴリチャード、3歳牝馬カレンブーケドールなどが参戦予定。天皇賞・秋を制した昨年覇者アーモンドアイ(牝4、国枝)は香港カップ(G1、芝2000メートル、12月8日=シャティン)へ向かうことが発表されている。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ