今週末から短期免許を取得して日本で騎乗する予定だったライアン・ムーア騎手(36)の来日が、来週以降にずれ込むことが濃厚になった。

9日の豪G1マッキノンS(芝2000メートル、フレミントン)に、専属契約を結ぶA・オブライエン厩舎所属のメルボルンC10着馬マジックワンド(牝4)が連闘で臨むことになったため。これにより、9日東京の武蔵野S(G3、ダート1600メートル)で騎乗予定だったタイムフライヤー(牡4、松田)は藤岡佑騎手に乗り替わりとなった。17日京都のマイルCS(G1、芝1600メートル)では、予定通りアルアイン(牡5、池江)に騎乗する見通し。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ