<JBCスプリント>◇4日=浦和◇統一G1◇ダート1400メートル◇3歳上◇出走12頭

女性騎手初のG1制覇を狙った藤田菜七子騎手(22=根本)のコパノキッキング(セン4、村山)は惜しくも首差の2着に敗れた。

外めの枠から3番手をつけ、手応え十分に流れに乗った。3角あたりから前をつかまえにいき、直線でいったんは完全に抜け出した。偉業達成か、と思われたところで外から伸びた6番人気の伏兵ブルドッグボス(牡7、小久保智)が強襲。ゴール寸前で、歴史的な勝利がするりと逃げていった。

前走東京盃でキッキングの2着に敗れていた御神本騎手は勝利騎手インタビューで「菜七子ちゃんのG1初勝利を見届けに来たファンも多かったと思いますが、勝ってしまってすいません」と話した。それでも地元馬を勝利に導き、ファンからは温かい拍手を受けていた。

3着には11番人気のトロヴァオが入り、3連単は約150万円馬券の波乱となった。

馬連(5)(10)3730円、馬単(5)(10)1万8690円、3連複(5)(7)(10)14万6920円、3連単(5)(10)(7)149万7730円。

(注=成績、払戻金などは、必ず主催者のものと照合して下さい)

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ