<東京4R>◇14日=東京◇2歳新馬◇芝1600メートル◇出走18頭

東京新馬戦4R(芝1600メートル)は、2番人気フェルミスフィア(牝、木村、父エピファネイア)が、3番手から直線内ラチ沿いを伸びて、ピーエムピンコの追い上げを首差振り切った。勝ち時計は1分35秒7。

川田騎手は「上手に流れに乗って、直線もしっかり自分の脚を使ってくれた。着差はわずかでも、いい内容でした」と評価した。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ