台風19号が猛威をふるう中で、12日の京都競馬が開催された。京都市内では毎秒10メートル近い雨風が吹き、同市内の競馬場も1Rから芝、ダートとも不良の悪条件で行われたが、予定通りに12レースを消化した。

台風が接近している中で開催を決定したことについてJRAは「台風の影響による周辺の状況、気象予報や周辺の公共交通機関の運行状況などを総合的に勘案して、人馬およびお客様の安全確保が可能と判断し開催を決定しました」とコメント。入場人員は5115人で前年比26・8%と激減したが、東京が中止となって1場開催だったため、売得金は93億3321万4100円で前年比177・6%の大幅増となった。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ