JRA通算63勝の義英真騎手(23)が10日付で騎手を引退することが、JRAから発表された。5日の新潟6Rに騎乗する際、体重の調整ができず、公表された負担重量(55キロ)より0・5キロオーバーとなって、12日から11月10日まで30日間の騎乗停止となっていた。

この件について、高田潤騎手(38)が自身のツイッターで「義英真の引退について。先週の制裁については騎手としては絶対してはいけない事だし応援してくださる皆様や騎乗馬の関係者にも多大な迷惑をかけ当然プロとしては失格です。ただ本人とも話しましたが本人にしかわからない苦悩もあることをご理解下さい。賛否両論あると思いますが僕にとっては大切な仲間です」とツイートし、反響を呼んでいる。

高田騎手は「彼のいいところも、苦しんでいるところも知っているので、本人にしか分からない部分があることも分かってほしいと思って、ツイートしました」と説明した。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ