<菊花賞を占う>

春2冠の勝ち馬が不在となり、その2戦で惜敗したヴェロックスが主役となりそうだ。

神戸新聞杯では究極の瞬発力勝負に泣かされた形。世代屈指の能力は疑いようがない。レースセンスが良く、距離延長にも対応できそうだ。G2・2勝をマークしているリオンリオンは前走のセントライト記念で好位から抜け出す競馬ができたのが収穫だった。もちろん逃げの手もあり、展開の鍵を握る存在にもなりそうだ。夏の上がり馬からは現在2連勝中のホウオウサーベルが侮れない。ルメール騎手と新コンビを組むニシノデイジーにも注目だ。【太田尚樹】

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ