<オールカマー>◇22日=中山◇G2◇芝2200メートル◇3歳上◇出走10頭◇1着馬に天皇賞・秋優先出走権

2番人気ウインブライト(牡5、畠山)は距離の壁にぶつかった。よどみない好位追走も4角手前から手応えが怪しくなり、ラスト100メートルは追わずに入線。中山では重賞4勝と無類の強さを誇ったが、まさかの9着に沈んだ。

前走の香港G1勝ちを含めた重賞連勝は3で止まった。松岡騎手は「(距離が)長いな。位置取りも完璧。この馬の形で運べたけど、4角でたれてしまった」と振り返った。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ