<オールカマー>◇22日=中山◇G2◇芝2200メートル◇3歳上◇出走10頭◇1着馬に天皇賞・秋優先出走権

連覇を狙った1番人気レイデオロ(牡5、藤沢和)は4着に終わった。

宝塚記念5着以来もあってか、中団で余裕のない追走が続いた。3角から進出を始め、直線は2着争い。最後は後ろにいた外ミッキースワロー、内グレイルにも前に出られた。福永騎手は「いいスタートを切ってくれたが、その後は進んでいかなかった。4角を回る時は悪い形ではなかったけど、差されてしまった。いつもあそこから踏ん張っているところを頑張らせられなかった」と悔やんだ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ