<OROカップ>◇22日=盛岡◇M1◇芝1700メートル◇3歳上◇出走14頭

22日盛岡のOROカップ(M1、3歳上、芝1700メートル)は、中団からまくり気味に上昇した4番人気のコスモリョウゲツ(牡5、水沢・板垣)が直線で先頭に立ち、重賞初出走で初制覇を飾った。

勝ちタイムは1分46秒5。これで盛岡芝は7戦6勝2着1回の好成績。首差2着の前走に続く騎乗で結果を出した山本政騎手は「前走は下手に乗ってしまった。3、4コーナーは自分で上がっていける馬。直線に向いてもう1つ反応してくれたので、いけるかもしれないと思った」と話した。南関東からは3頭が参戦。ヒシコスマー(せん4、川崎・鈴木義)が2着、ワールドレーヴ(牡9、大井・渡辺和)が3着、ケンガイア(牝3、船橋・新井清)が4着だった。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ