<オールカマー:追い切り>

香港クイーンエリザベス2世Cを含め春3戦全勝のウインブライト(牡5、畠山)は僚馬マイネルセリオン(3歳1勝クラス)を4馬身追いかけ、直線で並ぶとそのままの形でゴールした。

時計は5ハロン68秒7、しまい12秒4。目立つ時計ではないが、動きは俊敏だった。松岡騎手は「あまり強い負荷をかけないようにした。秋初戦に弱いというイメージがあるが、それを今回ぶっ壊したい」と力を込めた。【5・2・0・1】と得意の中山。松岡は「中山では負けちゃ駄目、という感じがあってやりにくい」と苦笑するが、2200メートルという初距離について「この馬なら克服してくれそうな感じがある」と信頼を寄せる。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ