JRA所属騎手、東日本地方競馬所属騎手、西日本地方競馬所属騎手の3チームが争うジャパンジョッキーズCが15日、盛岡競馬場で行われ、全3戦で121ポイントを獲得したチームWEST(西日本)が優勝した。2位は100ポイントのチームEAST(東日本)、60ポイントのチームJRAが3位。WESTのキャプテン、山口勲騎手は「一致団結して最高の形で優勝できた。みんなにありがとうと言いたい」。

一方、JRAのキャプテン、初参戦の武豊騎手は「僕もチームのために一生懸命やったんですけど・・・。優勝がウエストで、2位がイーストで、3位が悪いストということで」と場内の笑いを誘った。また個人賞の優秀騎手賞は史上最高得点の51ポイントで笠松の佐藤友則騎手が獲得。賞品の豚1頭分相当は「持って帰って笠松で振る舞いたいという約束を守れたので、笠松競馬場に豚を食べに来てください」とファンに還元を公言した。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ