韓国の馬産業ジャーナルによると、韓国のトップジョッキー、チョ・ソンゴン騎手が9日朝、釜山慶南競馬場内の道路に止められた車内で死亡しているのが発見された。享年37歳。自殺とみられ、同紙は車内に練炭があり、遺書も発見されたと伝えている。

同騎手は05年6月デビューで韓国通算5588戦874勝。12年の韓国年度代表馬タンデブルペ(父ビワシンセイキ)とのコンビでは大統領杯(韓国G1)3連覇を達成するなど活躍。一時はリーディングを争い、14年にはマカオにも遠征していた。

釜山慶南競馬場で一緒に騎乗した内田利雄騎手 (08年の)1回目の遠征の時はとがっていたけど、(10年からの)2回目の時は向こうから謝ってきてね。やっぱり自分が上位になってくると分かるんですよね。リーディングトップになると孤独ですから。一緒に戦っていた仲。最後には勝負服を交換してきたんですが・・・。残念です。ご冥福をお祈りします。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ