宝塚記念を勝ったリスグラシュー(牝5、矢作)は一夜明けた24日、栗東の馬房で元気な様子を見せた。

北口厩務員は「レース後はけろっとしていた。自分の競馬ができたからじゃないかな。昨日(23日)も厩舎に帰ってきてからはカイバをすぐに食べていた」と話した。

豪華メンバーの牡馬にまじり、昨年エリザベス女王杯に次ぐG1・2勝目。香港帰りでもきっちり結果を出した。「強かったです。海外競馬を経験してもこたえなかった。芯の強い馬」と目を細めた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ