<宝塚記念>◇23日=阪神◇G1◇芝2200メートル◇3歳上◇出走12頭

単勝3番人気、紅一点のリスグラシュー(牝5、矢作)が他11頭の牡馬を撃破した。スタートから鞍上のレーン騎手が出して行き、道中は逃げたキセキの2番手。直線では手応え十分にかわし、最後は3馬身差、独走状態だった。昨年のエリザベス女王杯に続くG1・2勝目。レーン騎手は約2カ月のJRA短期免許期間で重賞6勝目、G1はヴィクトリアM(ノームコア)に続く2勝目となった。

殊勲の鞍上は、この日が今回のJRA免許の最終日。「最高の気持ち。仕上がりは完璧で、厩舎に感謝です。直線では後ろに強い馬がいるのを意識していましたが、自分の馬も手応えが良かった」と喜び「アリガトウゴザイマス。マタキマス」と日本語でこたえた。

2着は1番人気キセキ。3着は6番人気スワーヴリチャード。

馬連(1)(12)は970円、馬単(12)(1)は2210円、3連複(1)(11)(12)は2720円、3連単(12)(1)(11)は1万4560円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!