英国王室主催のロイヤルアスコット開催(5日間)が18日に開幕した。

初日はライアン・ムーア騎手とエイダン・オブライエン厩舎のコンビが2RのコベントリーS、4RのセントジェームズパレスSで2勝を挙げた。

初日を終え、ムーア騎手は2勝2着2回でリーディングジョッキー部門の首位、エイダン・オブライエン師は2勝2着1回でリーディングトレーナー部門の首位に立っている。

ムーア騎手はロイヤルアスコット開催のリーディングジョッキーに10~12年の3年連続、14~18年の5年連続で輝いており、今年は6年連続9度目のタイトルがかかる。エイダン・オブライエン師は今年5年連続10度目のタイトルを狙うことになる。

2日目メインのプリンスオブウェールズS(G1、芝1990メートル、19日)ではムーア騎手、エイダン・オブライエン師のマジカル(牝4、父ガリレオ)に注目だ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ