宝塚記念(G1、芝2200メートル、23日=阪神)に出走するリスグラシューは、坂路を軽く駆け上がった。

北口厩務員は「いい状態ですよ」と笑顔を見せ「スローペースでも、馬場が悪くてもどんな条件でも走る。えらい馬や」と絶賛した。前走の香港クイーンエリザベス2世Cは3着だったが、勝ち馬とはわずか0秒1差だった。【1 2 3 0】と崩れ知らずの阪神芝で牡馬撃破を狙う。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ