<阪神5R>◇15日=阪神◇2歳新馬◇ダート1200メートル◇出走12頭

阪神新馬戦は1番人気のジェネティクス(牡、西村、父サウスヴィグラス)が勝利した。好スタートから先頭に立って逃げ切り。2着に2馬身半差をつけた。勝ちタイムは1分13秒0だった。

川田騎手は「成長していってくれれば、もっといい内容で走れるようになると思います。現状でもこのパフォーマンスができるので体の成長待ちです」と話した。今後は放牧に出て、秋からの再始動を予定。西村厩舎は3週連続の阪神新馬戦勝利となった。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ