仏オークス(正式名ディアヌ賞、G1、芝2100メートル、16日=シャンティイ、日本時間23時05分発走)に初騎乗の武豊騎手(50)が日本人騎手初制覇を狙う。コンビを組むアマレナ(牝3、小林智)には12日の最終追い切りに騎乗し、手応えをつかんでいる。05年に横山典騎手がパイタで3着に入ったのが日本人騎手の最高成績。16頭立ての15番枠から偉業達成なるか。

また、C・ルメール騎手はカルティエムで自身4勝目を狙う。1番人気は3戦無敗のサンタラリ賞覇者シヤラフィナ、2番人気は社台ファームの吉田照哉代表が所有するコムとなっている。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ