宝塚記念参戦を見送った障害界の絶対王者オジュウチョウサン(牡8、和田正)の今後のローテが15日、決まった。

今年後半の番組が発表になっていないため、正式な日時は未定だが、復帰戦は秋の東京開催で行われる自己条件(3勝クラス、芝2400メートル)。その後ステイヤーズS(G2、芝3600メートル、11月30日=中山)で平地重賞初制覇を狙う。鞍上は石神騎手。「長山尚義オーナーと相談して決定しました」と和田正師が明らかにしたもの。3年連続で最優秀障害馬に輝いている同馬は4月の中山グランドJで史上初の4連覇を達成。現在は千葉県の和田牧場に放牧に出されている。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ