97年有馬記念を制したシルクジャスティスが3日、繫養先の畠山牧場(北海道新ひだか町)で死んだ。25歳。2日まで放牧に出ていたといい、死因は不明だが、老衰とみられる。畠山牧場の畠山重博会長は「残念です。しょうがない。長生きしてくれて、ずいぶんファンにもかわいがってもらいました」と話した。

大久保正厩舎で96年10月にデビュー。現役時代は27戦5勝。重賞を3勝し、総獲得賞金は4億5797万円。3歳だった97年にはダービー2着、菊花賞5着とクラシックでも好走し、ジャパンC5着の後、有馬記念を4番人気で制した。種牡馬としては10年中山大障害を勝ったバシケーンなどを出し、畠山牧場に繫養先されていた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ