<富嶽賞>◇25日=東京◇1000万◇ダート1400メートル◇4歳上◇出走16頭

藤田菜七子騎手(21=根本)が、3番人気マイウェイアムール(牝4、林)を1着に導き、今年のJRA15勝目を挙げた。

2番手で直線に入ると、逃げるヒルノサルバドールと残り100メートル付近で馬体を併せて追い比べ。残り50メートル付近で先頭に立ち、最後は4分の3馬身差で振り切った。勝ち時計は1分23秒9。

「馬の状態は良かったです。スタートも良くて、いい位置につけられました。馬の力を信じて乗れました」と話した。

藤田騎手は先週新潟土、日曜に続く2週連続勝利で、JRA通算は62勝目となった。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想