<目黒記念:追い切り>

ダービー当日の12Rに行われる目黒記念(G2、芝2500メートル、26日=東京)の追い切りで、凱旋門賞挑戦を視野に入れているブラストワンピース(牡4、大竹)がウッドコース2頭併せで力強い動きを見せた。

カルヴァリオ(古馬オープン)を1馬身追走し、直線は内から仕掛けて1馬身先着。時計は4ハロン50秒9-37秒1-12秒3(強め)。馬なりの相手に手応えで見劣ったが、大竹師は「半マイルではジリジリに見えるが、相手もオープン馬だから。この馬自身、動きは良かった。調整期間が短いので中間は質、量ともに高めてやっている。凱旋門賞の斤量を考えて59キロで使うことにしたが、こなせると思う」。ハンデ戦でも取りこぼせない一戦だ。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ