<葵S:追い切り>

アウィルアウェイ(牝、高野)が軽快な動きを見せた。

坂路単走で4ハロン54秒2-12秒1。パワフルな動きでしっかり伸びた。

高野師は「(今年)3戦目で状態は一番いい」と合格点。前走の桜花賞は10着に敗れたが、その後の調整は順調。距離短縮で仕切り直す。「1200メートルはこなせると思う」と師。強力な末脚で重賞初制覇を狙う。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ