史上5頭目の無敗のオークス馬ラヴズオンリーユー(牝3、矢作)は優勝から一夜明けた20日、栗東で元気に過ごした。担当吉田助手は「4コーナーでは無理だと思っていた。負けていないところがいいですね」とたたえた。

オークスレコードの2分22秒8をマークしたが「レース後の方がカイバをよく食べている。今のところは(脚元に)問題はありません」とタフさをうかがわせた。今後は未定で、水曜日にノーザンファームしがらきに放牧に出される見込み。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ